2010年01月26日

羽賀被告「生涯の友」メール…元歯科医側は冤罪主張 偽証罪初公判(産経新聞)

 未公開株売買をめぐる詐欺と恐喝未遂の罪に問われたタレントの羽賀研二(本名・當真美喜男)被告(48)=1審無罪、検察が控訴=の公判でうその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医、徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)であった。

 徳永被告は「私はうそをついた覚えはありません」と起訴内容を否認。弁護側は「羽賀被告の無罪を有罪にするための意図的な起訴で冤罪(えんざい)だ」とし、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、徳永被告が羽賀被告の1審公判で「東京都の飲食店で被害者と会い、未公開株の話をした」と述べた証言について、「当時沖縄の診療所に常勤しており、この飲食店に通える状況になかった」と指摘。また、羽賀被告と一緒に海外旅行した渡航記録や「生涯の友よ」と記されたメールなどから、羽賀被告と「単に面識がある知人」とした公判証言は偽証と主張した。

【関連記事】
羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判
芸能界のヤクザ人脈にメス? 羽賀裁判“泥仕合”のウラ
検察側「犯行は明白」 羽賀研二被告の控訴審初公判
あの涙も演技だった!?羽賀研二、無罪一転がけっぷち
証人が偽証罪?羽賀研二被告、一転有罪も

<霊感治療>代金「不当」と提訴 名古屋の女性(毎日新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
下北半島のニホンザル公開へ=食害で捕獲、むつ市が譲渡−上野動物園(時事通信)
<東名阪死亡事故>過労運転させた疑い 運行責任者ら送検(毎日新聞)
コーヒー飲み、受験に全力投球(産経新聞)
posted by アベ ゲンイチ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。